富山県|石川県|福井県|北陸|バーベキュー場

バーベキュー
BBQ入門〜準備編〜

バーベキューの楽しみの一つに、「準備」があります!ワクワク感がたまりません。ただ、普段忙しく、なかなか事前準備が できないって方も多いのが現状ですよね。バーベキュー場の中には、手ぶらでいってもOKなところも結構あります。 (管理人もその一人です。。。)ますは入門の準備編からご紹介します。参考にしてください

バーベキュー食材

@予約時に道具をレンタルできるのか確認する。食材は持ち込みか購入か確認する。現地で道具を借りられ、食材も購入できるほうが楽です。本サイトの「食材販売」バナーが付いたバーベキュー場では食材が購入できます。思いたったら手ぶらでバーベキュー、って方は絶対こちらをオススメします。

準備するもの

A炭、着火剤、トング、軍手、ライター(チャッカマンなど、にぎりの長いものがベスト)、うちわなども借りられるケースがあります。無いときは100均かホームセンターで買っておきましょう。(ライターや着火剤の取り扱いには十分注意しましょう)また、どこのバーベキュー場でも虫が多いので、虫除けスプレーなども持っていくといいと思います。

着火材の代わり

B着火剤がない場合の代用品としては、乾いた松ぼっくりがよく用いられます。ただし、松ぼっくりはよく乾いていないと煙がすごいです。。。また、新聞紙などをよく使う方がいらっしゃいますが、火はつきますが、灰がかなり舞います。ティッシュだとそれほど灰が舞わないらしいです。

火をおこす

C火をおこすときは、まず着火剤に火を付けてからその上に炭を積んでいきます。はじめは細かい済を使い、徐々に大きな墨に火をつけていきましょう。この時うちわで風を入れながら燃やします。パチパチと音がし、炭に火がついたら、しばらく待って炭が白くなってきたら食材を焼きます。遠赤外線効果でおいしく焼けます。

バーベキュー

D食材を焼く前に網に食用油などを塗ってから焼くと食材が網にくっつきません。 また食材持込の場合は、事前に家で下準備をしておくと楽です。我が家では、やきそば→ウインナー系 (これで子どもたちはおなかが満たされる)→自家製スペアリブ→その他の順番で焼きます。 最後にやかんを置き、コーヒーを沸かします。

※直火NGのバーベキュー場もあるのでご注意下さい。


Copyright (C) 2009 BBQ55. All Rights Reserved.